ウォーターサーバー、お水の違いについて

ウォーターサーバーの水の種類は何がある?

ウォーターサーバーは安全な水、美味しい水をいつでも好きな時に給水出来る、給水する水は宅配業者が自宅に届けてくれるので重量のあるペットボトルを持ち帰る手間が要らないなどの魅力があります。
ウォーターサーバーに利用する水は大きく分けると天然水とRO水と言う2つの種類になります。天然水は自然がろ過を行った水で、ミネラル成分がたっぷりと含まれている美味しい水です。
RO水は特殊なフィルターでもあるRO膜でろ過した水であり、天然水や水道水をろ過しているのが特徴です。
RO膜はとても小さな穴が開いているフィルターで、ろ過された水は不純物が含まれていないピュアな水である事からもピュアウォーターとも言われています。

水にはそれぞれ硬度があります

ウォーターサーバーを選ぶ場合、天然水とRO水と言う2つの選択肢がありますが、天然水などの場合、どこで採取した水なのかにより味が変わるのが特徴です。
日本の水は軟水と言いますが、軟水以外にも硬水があり、水には硬度の違いがあります。
天然水の中でもヨーロッパなどが原産国になっているものは硬水が多くあるので、人によっては普段飲み慣れている軟水の方が良いと感じる人もいますし、ミネラルウォーターなどを選ぶ時に硬水を好んでいる人は、硬度が高めの中程度の軟水や硬水などを給水出来るウォーターサーバーがお勧めです。
赤ちゃんなどがいる場合には、ミネラル分はお腹を壊す原因にもなるので、RO水を給水出来るタイプやミネラル成分が少ない水を給水出来るウォーターサーバーを導入するようにしましょう。

宅配水は安全な水がいつでも飲めることもそうですが、重い飲料水を自宅に運ぶ手間がなくなることも人気の理由の一つです。