ウォーターサーバーの契約時に注意すること

契約する販売代理店について詳しく調べましょう

ウォーターサーバーを契約する際には、同じブランドの業者であっても販売店によりサービス内容に違いが出る場合があります。ウォーターボトルの最低注文本数が決められていることが一般的ですが、購入サイクルや本数については販売店との契約内容により個別に決まっているわけです。隣接する地域からも宅配を受けられる場合には、有利な条件で契約出来ることもあるので、一度確認すると良いでしょう。
ウォーターボトルの宅配日についても、日曜日配送を行っている販売店が全てとは限りません。平日と土曜日のみの配達としている販売店と土日も関係なく配送を行っている店舗で料金が同じというケースは珍しくありません。同じウォーターサーバーを契約するなら、対応が良い販売店と契約したいものです。

ワンウェイボトルを選ぶと良い理由

ウォーターサーバーの導入を躊躇う人の中には、構造的な問題からくる雑菌対策が不十分では無いのかという点が気になっているでしょう。確かにリターナブルボトルを導入しているウォーターサーバーでは、エアフィルターを装備している点を強調しています。しかし、完全に空気を滅菌できるわけではないので、ボトル内に空気が入るタイプを選ぶ際には1本のボトルが小さいタイプを選ぶと良いでしょう。
安全に利用するために開発された方法として、ウォーターパックによるワンウェイボトル方式があります。リターナブルボトル方式では熱水利用時にもボトル内に空気が送り込まれるので、特に心配となる家庭も少なくないでしょう。ウォーターパックならば、使った水の分だけパックが萎むだけですから問題ありません。

ウォーターサーバーを赤ちゃんがいても使用することができます。チャイルドロックが付いているので事故防止ができ、良質の水をお湯で使用することができるので何かと便利です。